彼氏と毎日電話するのは依存です。依存から抜け出す方法5選+1

彼氏と毎日電話するのは依存

こんな悩みを解決できる記事です。

本業では人事として、毎日人の悩みに寄り添っています。

彼氏と毎日電話するのって、「自分が依存しているんじゃないか」と感じてしんどいですよね。

この記事で紹介する「毎日の電話をやめる方法」を実践すれば、彼氏に依存している人でも少しずつ自立できますよ。

実際に私もこの方法で依存せず、自立した状態でお付き合いができています!

記事前半では依存がよくない理由について、後半では毎日の電話をやめる方法を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

※「すぐに毎日の電話をやめる方法について知りたい!」という方は、「彼氏との毎日の電話をやめる方法5選+1」へどうぞ~

目次

彼氏と毎日電話するのは依存

まず結論からですが、彼氏と毎日電話するのは依存です。

もっと正確に言うと、「ほぼ依存」です。

どうして「ほぼ依存」かと言うと、それは、毎日の電話が「習慣」なら依存ではないからです。

依存と習慣の違い

依存やら習慣やら言ってしまいましたが、依存と習慣の違いを説明しますね。

すごく簡単に言うと、

習慣=継続的にやっていることで、生活に悪い影響を与えない

依存=継続的にやっていることだが、それから離れられず悪影響が出る

つまり、毎日電話をしていて、何かしらの悪い影響が出ているのであれば依存となりますね。

習慣であれば毎日電話していい

なので、悪い影響が出ていない習慣であれば毎日電話してもいいです。

例えば、読書が習慣な人は多いと思いますが、読書をしていることで悪い影響ってでてないですよね。

それに、読書から離れようと思えば、まあやめられますよね。

これが、「本を読むことで他に悪影響が出る」とか「本を読まないと落ち着かない」なると読書=依存になっているわけです。

依存だと悪影響が出る

こんな感じで、依存だと悪影響が出ます。

多分この記事を読んでいる人は、毎日電話していることに悩んでいると思うので、依存状態なのかなと思っています。

先に対処法を知りたい方がいたら「彼氏との毎日の電話をやめる方法5選+1」に飛んでくださいね。

毎日電話して依存するのがよくない理由

依存するのはよくないと説明しました。

毎日電話することで、付き合いたての人は「お互いのことを知り合える」というメリットもあります。

ですが、やっぱりデメリットが多いので、具体的に毎日電話して依存するのがどうしてよくないのかを解説しますね。

会った時に話すことがなくなる

毎日電話すると、会った時に話すことがなくなりませんか?

どちらかがラジオパーソナリティー並みのトーク力を持っていれば別ですが。

話すことがなくなると、デートで沈黙が多くなってしまって冷める原因にもなりますよね。

もしデートでの沈黙に悩んでいたら、次の記事も参考にしてみてください。

彼氏と別れることになる

話すことがなくなって冷めたり、電話がドンドンと負担になる。

そうなると最終的に別れにもつながると思います。

これが依存のやっかいなところです。

大好きで大好きで依存しているはずなのに、それが別れに繋がるって悲しいです。

友だちが減る

彼氏に依存してしまうと基本的に友人は減ります。

なぜなら、優先順位が彼氏>友人になってしまうからです。

「私は友だちが少ないから大丈夫」という人もいるかもしれません。

ですが、彼氏との関係が悪くなった時に、助けてくれる友人を持っておくのも大事ですよ。

成長できなくなる

彼氏に依存しすぎてしまうと、あなたの成長がとまりがちになります。

理由は二つありますね。

  1. 仕事や勉強に身が入らないから
  2. 新しいことにチャレンジしなくなるから

仕事や勉強に身が入らないから

一つ目の理由は仕事や勉強に身が入らなくなるからです。

依存すると、彼氏に時間とお金と体力と気力を費やすことになるので、どうしても自分のやりたいことができなくなってしまいます。

毎晩電話していると、物理的に電話の時間がとれなくなりますしね。

新しいことにチャレンジしなくなるから

二つ目の理由は、新しいことにチャレンジしなくなるからです。

彼氏に依存していると、「彼氏がよければいいや」モードに突入します。

そうすると、今の彼氏が好いていてくれてるから「運動しない」「外に出かけない」「外見に気にしなくなる」となることがあります。

彼氏に依存して、彼氏の希望は全部受ける人もいますけどね

精神的に追い込まれる

彼氏に依存している状態で、彼氏とケンカしたらどうなるでしょうか?

自分を支えてくれていた一本の命綱が切れた状態になるので、一気に落ち込むと思います。

毎日電話していると、寝不足にもなりがちなので、特に長電話だと精神的にも負担になりますね。

彼氏との毎日の電話をやめる方法5選+1

これまでの内容で、「毎日電話が依存だとしたら、悪影響が出る」ということがわかっていただけたと思います。

ここからは、毎日の電話をやめる方法を紹介していきますね。

いきなり変わろうとしない

まずは、考え方です。

「急に変わろうとしないでください」

急に毎日の電話をやめようとすると、うまくいかないと思います。

なぜなら、いきなりやめるとストレスがたまって、また依存してしまうからです。

急激なダイエットをするとリバウンドをしてしまうのと一緒の原理です。

「依存から抜け出そうと思ったのによくならない」と感じてしまい、さらに自分を追い詰めることになります。

一緒に楽しめることを見つける

毎日の電話の代わりに楽しめることを探してみてください。

できれば、「毎日電話をする時間帯に、電話の代わりにできること」だとさらにいいと思います。

私が思いつくものとしては、次のようなものですかね。

  • ヨガ
  • 読書
  • ゲーム
  • 勉強



実際に会った時に、「本の感想を伝え合う」って感じにしてみてください。

そうすれば、毎日の電話もやめられ、デートも盛り上がり一石二鳥です。

話したいことは会って話すようにする

基本的にどんな内容でも、直接会って話した方が思いは伝わります。

電話の回数を少しずつ減らして、話したいことを週末に取っておくという風にするといいですよ。

遠距離恋愛で、「毎日電話しないと別れそうで怖い」という人は、次の記事も参考にしてみてください。

緊急事態とかどうしても早く言った方がいいことは遠慮せず電話してくださいね。(※体調不良とか合格報告の場合)

お互い安心感を与えるようにする

毎日電話している理由が、「不安だから」という人は、お互いに安心を与えられるようにしましょう。

安心感を与える方法としては次のようなことがあるかなと思います。

  • 会った時にちゃんと「好き」と言う
  • 長く付き合っていても相手を褒める
  • 二人の将来について話し合う

夢や目標を伝える

「大学に合格したい」とか「資格を取りたい」「仕事を頑張りたい」などの目標を伝えることで、毎日の電話を減らすことができます。

目標を達成するためには、それに時間をかけないといけないですからね。

裏ワザ:超強制的に毎日電話する

最後はあまりオススメしない方法です。

ですが、どんな方法を使っても依存から抜け出せない時に使ってほしい方法になります。

具体的には、「毎日必ず○○時に電話をしなければならない」とルールを決めてください。

そうすることで、最初はどうってことないのですが、人間強制されるとどんどんやりたくなくなります。

そして、最終的にやらなくなるもんです。

もちろん、それで別れることがないように、会った時は楽しく過ごしてくださいね。

彼氏と毎日電話するのは依存だけど抜け出せます

今回の記事では、毎日の電話が依存である理由を説明して、その依存状態から抜け出す方法を説明しました。

もしあなたが、彼氏と毎日電話をしていて、依存に悩んでいるのだとしたら、きっと依存から抜け出すきっかけになると思います。

この記事のポイントをおさらいしますね。

  • 毎日の電話は依存
  • 悪影響が出ているかどうかが依存と習慣の違い
  • 依存はよくない影響をおよぼす
  • 毎日の電話をやめる方法を試すのがオススメ

今より楽しくて穏やかな恋愛ができることを祈っています!

依存から抜け出したいけど、寂しいという人は占いで恋愛相談がてら話をしてみるのをオススメします。

第三者を頼らないと一生依存状態から抜け出せなくなります。

以下にオススメの占いを載せておきますので、ぜひチェックしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次